折り紙で月見だんごの折り方!平面で簡単な作り方を紹介!

どうも~こんにちは、折り紙処のセツです。

さて今回折ってこうかなと思うのは
お月見の時期である意味で主役な
「月見団子」

20150603-30

出来上がりのイメージは
平面タイプのものとなるので

壁などに貼り付けるか貼り絵として
利用できるかと思います。


「Sponsored link」

最近のご家庭ってお月見とか
楽しんだりするんでしょうかね~。

日本の古き良き風習でもある
お月見の月見団子。。

それでは早速折っていきましょうか。

 

折り紙で月見だんごの折り方!平面で簡単な作り方を紹介!

まず今回の折り紙は「月見団子」
「月見団子の台」とで分かれます。

 

月見団子の方は15cmの折り紙(白色)と
1/16サイズの折り紙、それぞれ1枚

そして台の部分については
15cmの折り紙を1枚使用していきます。

 

あと、のりとハサミも必要なので
用意しておきましょう。


「1」
最初に三角形上に半分に折り
更に半分に折って折り筋をつけておき

20150603-01

 

両端を上の頂点に向けて折っておきます。

20150603-02


「2」
次に上の頂点を下の頂点に
持っていくよう半分に折りまして

20150603-03

 

そして図のように両端の
中を開いて潰していきます

20150603-04

20150603-05


「3」
次に線の部分で下側を後ろ側へと折っていき

20150603-06

20150603-07


「4」
そして線の部分をちょこっとハサミで切り

20150603-08

 

それぞれの角の部分を
後ろ側へと折っていきます。

20150603-09


「5」
そして1/16サイズの折り紙を用意しまして
4つの角をちょっと折って

20150603-10

 

これを「4」で出来た
団子パーツにのりなどで貼り付ければ
ひとまず月見だんごの部分は完成となります。

20150603-11

結構簡単にお団子パーツ出来上がりました。


「Sponsored link」

月見団子の台の作り方

「1」
次に月見だんごの台の部分を作っていきます。

最初に縦横に折って折り筋をつけておき

20150603-12


「2」
次に左右を半分に折り折り筋をつけておきます。

20150603-13

20150603-14


「3」
左右の両端を「2」でつけた
折り筋に向かって折り

20150603-15

 

更に上下を中心線に向かい折ります。

20150603-16


「4」
次に裏返し、線の箇所で
後ろ側を出すように折ります。

20150603-17

20150603-18

 

横から見るとこんな感じに段差が
できているような状態です。

20150603-19


「5」
ここでまた裏返し線の箇所で
中の方に折ります。

20150603-20

20150603-21


「6」
そして線の箇所で折り筋をつけて

20150603-22

20150603-23

 

図のように折っていきましょう。

20150603-24

20150603-25


「7」
下側も図を参考に開いて折っていきます。

20150603-26

20150603-27

はい、ここまで大丈夫でしょうか。


「8」
そして下側を図のように折り

20150603-28

 

裏返せば、月見団子の台座の出来上がり。

20150603-29

 

あとは台座と月見団子とをのりなどで
はりつければ・・はい、完成です。

20150603-30

結構簡単に折れましたね~。

 

他に月やすすき、うさぎなども用意してみると
結構いい雰囲気の貼り絵になるかと思います。

 

今回のまとめ

はい、というわけで今回は折り紙で
折っていくタイプの平面的な
月見だんごの折り方を紹介していきました。

 

折り紙複数枚使用していきますが
なかなか簡単に出来ますのでお子さんと一緒に

秋の雰囲気を感じつつ
折ってみてはいかがでしょうか。


「Sponsored link」

意外と白い折り紙枚数少ないので
100均ショップで複数枚入っているもの
買ってきてもいいですかね。

ではでは、また次回お会いしましょう~

 


ピックアップ関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ