折り紙でぶどうの折り方!簡単平面なブドウの作り方

どうも~折り紙処のセツです。

 

今日は秋の季節の果物で
ぶどうの方を折っていきたいと思います。

20150623-15

出来上がりのイメージとしては
こんな感じですね。

 

秋の季節のぶどう美味しいですよね。
特徴的なのはあの粒が密集しているあの形。


「Sponsored link」

折り紙で表現するとなると
若干難しく感じるかもしれないですけど

特にそんな事もなく折れてしまいますよ。

それでは早速折っていきましょう。

 

折り紙でぶどうの折り方!簡単平面なブドウの作り方

まず実の部分で通常折り紙の1/2サイズが
4枚必要となります。

「1」
まず1/2にカットした折り紙を
図のように半分に折って折り目をつけ

20150623-01


「2」
4つの頂点を図の中心線に向けて
折っておきます。

20150623-02


「3」
次に横に半分に折りまして

20150623-03

 

図のように中心側の上下を
斜め折りして折り目をつけておきます。

20150623-04


「4」
そして「3」で折った線で覆った箇所を
中折りしていきます。

20150623-05

20150623-06

20150623-07


「5」
次に開いていない方の頂点を図のように
中心点のあたりにむけて折り

20150623-08

 

開いたらつけた
折り目に向かって更に折ります。

20150623-09

 

そうしたら更に図のように折りましょう。

20150623-10


「6」
次に左端を図のように開き

20150623-11

 

中心の部分を更に
図のように折りたたみ

各頂点も中に折り込んでいきます。

20150623-12

 

この状態で裏返すと
こんな感じのパーツが出来上がります。

20150623-13

 

このパーツを4つ用意しましょう。

20150623-14


「7」
あとは茶色系の折り紙をはさみで
切るなどして枝の部分を作り

 

出来上がったぶどうパーツを
貼りあわせていけば
折り紙のぶどうの完成となります。

20150623-15

ブドウっぽくバランスよく
配置していくのがポイントですね。

 

あらかじめどのあたりにぶどうのパーツを
配置していくか決めてから
貼りつけていくといいでしょう。


「Sponsored link」

今回のまとめ

はい、そんな感じで折り紙の
ぶどうの折り方を紹介していきました。

 

秋の時期のイベントのポスターや告知など
平面タイプなので活用できる部分は
あるかなと思います。

折り紙の色を変えれば
マスカットになったりするので

そのあたりも
ぶどうの折り紙の面白いところかなと

 

通常タイプの折り紙で作ると1粒あたり
結構な大きさになるので

小さい大きさで作りたい場合は
1/4サイズで作っていくといいかもですね。


「Sponsored link」

どうぞ秋の季節にぶどうの折り紙
お子さんと一緒にチャレンジしてみてください

それでは、今回の内容は以上です。
また次回にお会いしましょう~~~。

 


ピックアップ関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ