折り紙で立体的なリボンの折り方!ラッピングに最適な簡単な作り方

どうも~こんにちは、折り紙処のセツです。

 

さて今回折ってみるのは
折り紙で作っていくタイプの「リボン」

それもよくある平面タイプのリボンじゃなくて
ラッピングなどにも使えそうな

立体タイプのリボンを作っていこうと思います。


「Sponsored link」

プレゼントなどのラッピングに飾り付けなど
色々なイベントに応用が効きそうなリボン。

20150425-31

さてどんな折り方でしょうか?

早速折っていきましょう~。

 

折り紙で立体的なリボンの折り方!ラッピングに最適な簡単な作り方を紹介

まず最初にこのリボンの作り方を
やっていく場合ハサミが必要になりますので
予め用意しておきましょう。

 

「1」
まず最初に図のように
斜めに折れ目を付けまして

20150425-01

 

続いて上下左右半分に折って
折り目を付けていきます。

20150425-02


「2」
そうしたら図を参考に
折りたたんでいきましょう。

20150425-03

20150425-04

20150425-05


「3」
続いて先端の箇所を図のように
ちょこっとだけ折りまして

20150425-06

20150425-07

 

反対方向にも折り返しておきます。

20150425-08


「4」
そして図のように全体を開いたら

20150425-09

 

「3」で出来た折れ目の箇所を
図のように山折り状態にして

20150425-10

 

折り畳み潰していきます。

20150425-11

 

はい、こんな感じですね。

20150425-12


「5」
次に上の部分を左右斜め折りにして

20150425-13

 

裏も同じように折っていきます。

20150425-14


「6」
次にこの状態で折り紙を
上下に図のように開いていきます。

20150425-15

20150425-16

20150425-17

 

はい、ここまで問題ないでしょうか?


「7」
ここで裏返し

20150425-18

 

横から見た図になりますが
この図の線の箇所をハサミで切り取っていきます。

20150425-19

反対側も同じようにです。


「8」
切れたら図のような状態にして

20150425-20

 

上側を下に折り込みます。

20150425-21


「9」
続いて右側を図のように
上下中心線に向けて折り込み

20150425-22

 

左も同じように折りましょう。

20150425-23


「10」
次になるべく上下を合わせて
線の箇所をはさみで切っていき

20150425-24

 

上下を合わせつつ左右のりボンの
点の箇所に重なるよう
図のように折っていきます。

20150425-25


「11」
更に図のように左右を斜め折りにして

20150425-26

 

表にして線の箇所をはさみで切ります。

20150425-27

20150425-28


「12」
あとは左右の箇所を
図の真ん中の部分に入れ込んでいけば・・

20150425-29

 

はい、完成です!

20150425-30

20150425-31

 

「3」の工程の上を折る箇所を
少し大きめにとっておくと

左右を入れこむ部分の穴が大きくなります。

あまり小さすぎると左右のりボンの部分が
入らないのでそこだけ注意しておきましょう。


「Sponsored link」

今回のまとめです

はい、かなり簡単に
立体的なリボンが出来上がりました。

 

今回は解説のために
単色タイプのリボンを使用しましたが

ふわふわの花紙や千代紙に
模様付きの折り紙などにも活用できるので

場面に応じていろんな
使い方ができるかなと思います。

 

誕生日などのプレゼントに
クリスマスやパーティー、イベントなどの
飾り付け

手作りカードの
アクセントなどにも使えるでしょう。


「Sponsored link」

どうぞ色んな場面に活用してみてくださいね。

ではでは今回はこれにて失礼します。
また次回お会いしましょう~。


ピックアップ関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ