折り紙で犬・戌の折り方!1枚で簡単立体的な日本犬の作り方

 

こんにちは、折り紙処のセツです。

 

以前2枚で超簡単な犬の折り紙を
折った事あったんですけど

2018年が戌年という事もあって
改めて前折った犬を見てみると

なんとなく
ダックスフンドのような外見なので

 

このタイプの犬の折り紙だと
お正月の時期とかには

微妙に合わなそうかなーと
感じました。

 

そこで犬の折り方を
ちょっと精査して

自前で折り方の方考えてみまして

結果、なんとなく
見た目日本犬の柴犬っぽい感じの
犬の折り紙が出来上がりました。


「Sponsored link」
 

なるべく分かりやすく
解説していきますので

1回1回の工程を丁寧に
折っていってみてください。

では、柴犬っぽい立体的な
折り紙を作っていってみましょー。

 

ちなみに簡単な犬の折り方は
こっちの記事で紹介しています。

⇒⇒⇒折り紙で犬の折り方!2枚で簡単立体的な作り方を紹介

 

折り紙で犬・戌の折り方!1枚で簡単立体的な日本犬の作り方

「1」

最初に縦半分に折って中心に折り目をつけて

 

上下を中心線に向かっております。


「2」

次に緑線の箇所で谷折りにしていきます。

 

そうしたら1度広げまして

 

緑線の箇所は山折りに。
紫線の箇所は谷折りの状態にします。

 

そうしたら図のように
折りたたんでいきましょう。


「3」

次に線の箇所で
左側のペラペラしている部分を
右側に折って

 

この状態で裏返します。


「4」

そしてまず上下を中心線まで折りまして

 

1度戻してから、下側を緑線まで折って

 

同じ要領で上側も緑線まで折ります。

 

こんな具合に折り目が付いていればOKです。


「5」

次に左端の部分を緑線の折り目に沿って
図のように折っていきます。

 

折りましたら裏返し

 

緑線の箇所で左に折っていきます。


「6」

次に右に90度回転

 

更にその状態で裏返し

 

だいたい緑線の箇所で
手前に折ります。

 

目安としては奥のちょっと出ている部分が
直角二等辺三角形の形になるくらいです。

 

そして更に線の箇所あたりで
奥に折ります。

 

そして更に線の箇所で
谷折りにして折り目を付けていきます。

 

そうしたら緑線の箇所で
谷折りにしていくイメージで

 

図のように折りたたんでいきましょう。

 

折りたためたら顔の部分を
右側にちょっと引っ張って調整します。


「7」

顔の部分が一旦出来たら
図のように広げまして

 

緑線の箇所で山折りにしていきます。

 

そしてその状態で再度
図のように折り畳んでいきます。

 

折り畳んでこんな形状に
なっていたらOKです。


「8」

再び図のように開きまして

下側のペラペラの部分を
線の箇所で上に折ります。

 

そして更に線の箇所で
山折りにしていきます。

 

そして線の箇所で
手前に折って

 

一旦戻し

 

緑線の箇所が今つけた折り目に
重なるよう図のように折ります。

 

そして更に線の箇所で
手前に折り込みます。


「9」

次に図の線の部分をイメージして

 

一番上の頂点同士を結んだ線に

上から2番目の緑線が
重なるよう谷折りに

3番目の青線が山折りに
なるよう折っていきます。

 

この状態で中心で山折りで畳んでいくと
こんな感じになります。


「10」

「9」で折った部分をずらして
図のような状態にしまして

 

尻尾の部分を線の箇所で折って

 

折り目を付けた部分で
中折りの状態にして畳みます。

 

更に適当な箇所で
中折りにしていきます。


「11」

あとは、前足の部分ですけど
線の箇所で歪曲させるように
内側に中折りしていくと

全体のバランスが良くなります。

 

全体的に微調整していけば
1枚で立体的な日本犬っぽい

折り紙の完成です。

見た目の感覚で言うと
なんとなく柴犬っぽい感じかなと
思うのですが

どんなもんでしょうかね(苦笑


「Sponsored link」
 

今回のまとめです

はい、そんな感じで今回は
正月の季節に合いそうな

折り紙で犬・戌の折り方について

1枚で簡単に立体的に折れる
作り方を紹介していきました。

 

最初とっつきにくいかもしれないですが
何回か折っていくにしたがって

割と簡単に
折れるようになるかと思います。

 

見た目結構こじんまりして
可愛く仕上がったので
結構気に入っていますw


「Sponsored link」
 

2018年は戌年ですから
それに合わせて飾りとして折ってみるのも
いいかもしれないですよ。

ではでは、また次回お会いしましょう。

 


ピックアップ関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ