折り紙で少し立体的なてんとう虫の折り方!簡単春の虫の作り方

 

こんにちは、折り紙処のでセツです。

 

さて、今回は折り紙でてんとう虫の
折り方について紹介していきます。

比較的平面的な
折り方が多い印象を受けますが

今回若干のアレンジ加えて
なんかちょっと立体的に見える~

といったてんとう虫の折り方になります。

20160123-29

折り方自体も結構簡単なので
春の時期の折り紙として
折ってみるのもいいですね。


「Sponsored link」

今回普通の赤の折り紙を使っていますが
赤と黒の両面折り紙があると
折っていくの楽になりますよ。

 

あとのり、テープなど用意しておきましょう。

では、てんとう虫早速折っていきます。

 

折り紙で少し立体的なてんとう虫の折り方!簡単春の虫の作り方

「1」
まず最初に三角形状になるよう半分に折り

20160123-01

 

左右の頂点を
上の頂点に合わせるよう折ります。

20160123-02


「2」
次に上半分を下へと折り

20160123-03

 

線の箇所あたりでまず上の1枚を
手前に下に折り

20160123-04

20160123-05

 

更に線のあたりで裏側へと折ります。

20160123-06

20160123-07

 

そして今の状態で白い面になっている箇所を
マジックペンや筆ペンなどで
黒く塗りつぶしていきましょう。

20160123-08

塗りつぶした後は少し時間をおいておきます。

 

表が赤で裏が黒の両面タイプの
折り紙を使用すると折るのが
更に楽になりますよ。

今回はあえて普通の折り紙を使用してみました。


「3」
次に黒く塗った上の面を図のように
中に折り込みます。

20160123-09


「4」
次に裏返して図のように折ります。

20160123-10

 

目安は線で囲んだ面が
正方形の形になるあたりでしょうか。

20160123-11


「5」
ここで更に線の箇所で
内側に折って折り目をつけて

20160123-12

20160123-13

 

開いて更に線の箇所で
折り目をつけておきます。

20160123-14

20160123-15


「6」
ここで表に戻して
線の箇所あたりで図のように折って

20160123-16

20160123-17

 

そしてその部分を中割り折りしておきます。

20160123-18


「7」
ここで図のようにマジックペンなどで
黒い斑点を書いておきまして

更に黒い面と赤い面にあたる部分を
のりづけしておきます。

20160123-19


「8」
次に羽根の部分めくって
図のように折りまして

20160123-20

 

下に見える黒い面と赤い面の接点
●点あたりを起点とし

20160123-21

 

図のように折っていきます。

20160123-22

20160123-23

 

そして線の箇所で
折り目がついているはずなので

20160123-24

 

線の箇所を山折りにして

20160123-25

 

○で囲んだ出っ張り部分を
中に折り込みます。

20160123-26

20160123-27

その部分はテープなどで
固定しておきましょう。


「9」
あとは全体を丸っこい感じに
調整していけば

ちょっと立体的に見える
折り紙てんとう虫の完成です。

20160123-28

20160123-29

遠目で見るとなかなかそれっぽく
てんとう虫っぽく見えます。

 

立体的というだけで
完全な立体てんとう虫
というわけではないですが

まあ簡単に折れる範囲で
結構それっぽく見えるので
悪くはないかなーと思いますよ。


「Sponsored link」

今回のまとめ

はい、今回は折り紙で折っていく
ちょっと立体的に見えるてんとう虫の
折り方について見ていきました。

 

ちょっと一手間加えるだけで
平面的なてんとう虫も
ちょっと立体的に見えるので

春の時期の折り紙の飾りとして
チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

どうぞ立体的な
てんとう虫折ってみてくださいね。

ではでは、折り紙のてんとう虫の
折り方については以上です。
また次回にお会いしましょう。


「Sponsored link」
引き続き春の時期の折り紙の記事も
どうぞご覧になっていってください。

⇒⇒⇒春の折り紙の折り方まとめ!3月4月5月の飾りつけはこちら!

 


ピックアップ関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ