折り紙で柿の立体的な折り方!飾りに使える簡単な作り方

どうも~こんにちは、折り紙処のセツです。

 

先日折り紙で平面的な柿の折り方を
紹介しましたが

今回は立体的な柿の折り方を
紹介していこうかなと思います。

20150615-36

この柿がなかなかリアルな感じでして
飾っていてもなかなか見劣りしない
雰囲気を醸し出しています。

 

しかも折り方自体もそんなに
難しくはないのでコツを掴めば
結構すぐ折れるかと思いますね。


「Sponsored link」

そんなわけで今回は折り紙の柿の
立体的な折り方を紹介していきます。

では、早速折っていきましょう。

 

ちなみに平面タイプのより簡単な
柿の折り方についてはこちら
ご覧くださいませ。

⇒⇒⇒折り紙で柿の折り方!平面で簡単な作り方を紹介!

 

折り紙で柿の立体的な折り方!飾りに使える簡単な作り方

「1」
まず最初に図のように
縦横3等分の状態に折り目をつけ

20150615-01

 

更に斜めの部分にも折り目をつけていきます。

20150615-02


「2」
次に線の箇所で折り

20150615-03

20150615-04

 

更に線の箇所で図のように折っていきます。

20150615-05

20150615-06

20150615-07


「3」
次に線の箇所でまた図のように折っていき

20150615-08

20150615-09

20150615-10


「4」
次に線の箇所で折っていき・・・

20150615-11

 

更に線の箇所で左の部分を
図のように開いて潰します。

20150615-12

20150615-13

20150615-14

 

そして線の箇所で左に
開きましょう。

20150615-15

20150615-16

するとこんな感じで手裏剣のような
パーツになります。


「5」
次に点線の箇所で時計回りに
図のように開いていきます。

20150615-17

20150615-18

 

はい、これでひとまず
柿の実の部分が完成です。

20150615-19


「6」
はい、続いて柿のヘタの部分を作っていきます。

7.5cm x 7.5cmの1/4サイズの折り紙を用意し
まず線の箇所、端っこの部分だけを折ります。

20150615-20

20150615-21


「7」
そして線の箇所で折り目をつけていきます

20150615-22

20150615-23


「8」
そして裏返し、線の箇所で
折り目をつけていきます。

20150615-24

20150615-25


「9」
そして表に返したら
図のように徐々に折り畳んでいきます。

20150615-26

20150615-27

20150615-28


「10」
そして線の箇所で外側に折り

20150615-29

20150615-30

 

更に線の箇所で外側に折れば
ヘタの部分も完成です。

20150615-31

20150615-32


「11」
次に実の部分とヘタの部分を組合せていきます。

まず図のように実の先端部を
ヘタの中の方まで差し込み

20150615-33

 

その状態でヘタ部分を外に折ります。

20150615-34


「12」
これを残りの3点に
繰り返していくとこんな感じに。

20150615-35

 

あとはヘタの部分をちょっと丸めて
雰囲気を出せば完成となります。

20150615-36

 

いや~本当に折り紙なのに
すごいリアルな感じの柿が出来上がりました。

思ったよりも何度高くなかったので
コツを掴めばすぐに折れるかなーと思います。


「Sponsored link」

今回のまとめ

はい、今回は折り紙で作る立体的な
柿の折り方を紹介していきました。

 

やっぱり平面タイプの柿よりも
立体の方が映えますね~。
折り紙をどちらも両面折り紙使用すれば

白い部分にも色がつくので
よりリアルな雰囲気が増すかなと思います。


「Sponsored link」

どうぞ秋の季節の飾り付けやちょっとした
作品作りに活用してみてください。

ではでは、今回の内容は以上になります。
また次回お会いしましょう~~~。

 

引き続き柿の折り方で
平面タイプの簡単な折り方もいかがでしょうか。
どうぞ覗いてみてください。

⇒⇒⇒折り紙で柿の折り方!平面で簡単な作り方を紹介!

 


ピックアップ関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ