折り紙で柊鰯の折り方!子供も簡単節分飾りの作り方

 

こんにちは、折り紙処のセツです。

 

節分の時期の飾りものといえば大体は
鬼、お多福もといおかめ、あとは
豆入れ箱とかかなーと思うんですけど

割りと代表的な飾りものとしてあるのが
「柊鰯(ひいらぎいわし)」

一般的には軒先とか玄関先に飾っておくことで
鬼や災いなどの厄除け使われていることで
知られていますね。

20151228-29

ただ実際に作るとなると鰯の頭や
柊の葉っぱが必要になるので
なかなか面倒かな?と感じますけど

これら折り紙で折って作っていけば
そのあたりの面倒さも解消できるかなーと
思いました。


「Sponsored link」
そんなわけで今回は折り紙で作っていくタイプの
柊鰯の折り方について紹介していけたらと
思います。

 

今回は鰯の頭用の折り紙と
柊の葉っぱ用に1/4サイズの折り紙数枚

あと割った割り箸1本とのりが
必要になるので用意しておきましょう。

 

では、早速みていきたいと思います。

 

折り紙で柊鰯の折り方!子供も簡単節分飾りの作り方

「1」
まず最初に柊の頭部分を折っていきます。

最初に図のように縦横と
あと頂点同士を1回斜めに折っていきます。

20151228-01


「2」
次に図のように折りたたんでいきます。

20151228-02

20151228-03


「3」
更に次に裏表の左右を
図のように中心点に向けて折っていき

20151228-04

 

更に下の出っ張り部分を
中心点に向けて折ります。

20151228-05


「4」
次に折った箇所を開き左右の折った箇所を
図のように内側へと畳み折りしていきます。

20151228-06

20151228-07

20151228-08

20151228-09

 

更にこんな感じに裏も
内側へと畳み折りしていきましょう。

20151228-10

20151228-11


「5」
次に線の箇所部分を内側へと折っていきます。
裏も同じように折ってください。

20151228-12

20151228-13


「6」
次に左右の●面の白い箇所を
図のように内側に折って畳みます。

20151228-14

20151228-15

20151228-16

20151228-17


「7」
次に内側の線の箇所あたりを
図のように内側に折り込みます。

20151228-18

20151228-19

 

側面から見るとこんな感じです。

20151228-20


「8」
次に内側の線の箇所で
図のように折り畳んでいきます。

20151228-21

20151228-22

20151228-23


「9」
そして図のように
魚の頭の左右部分を斜め折りして
内側に折り込みます。

20151228-24

 

後で割り箸を中に入れていくので
盛り上がる部分はのり付けして
調整しておきましょう。

あと顔も描いておくといいですね。

20151228-25

20151228-26


「10」
次に1/4サイズの折り紙を使い
柊の葉っぱ部分を折っていきます。

20151228-27


「11」
あとは作った鰯の頭部分に
割り箸をいれてのりやテープなどで
中を貼り付け

20151228-28

 

更に柊の葉っぱ部分を割り箸に
覆うようにして貼り付けていけば

折り紙の柊鰯の完成になります。

20151228-29

柊の葉っぱ部分貼り付けていく時は
結構がっつりのりをつけた方が
しっかりくっつきますよ。

 

割りといい感じな折り紙の柊鰯できましたw


「Sponsored link」

今回のまとめ

はい、そんな感じで今回は
折り紙の柊鰯の折り方について
紹介していきました。

 

折り方自体はそんなに
難しくもないかと思いますので

実際の柊鰯を用意するのはちょっと
難しいかな?といった時に

今回の折り紙の柊鰯をお子さんと一緒に
作ってみてはどうでしょうか。

 

柊鰯が何なのかの勉強にもなると思いますよ。

 

ではでは、折り紙の柊鰯の折り方は以上です。
また次回によろしくお願いします。


「Sponsored link」

引き続き節分の時期の
折り紙のまとめ記事も
どうぞご覧くださいませ。

⇒⇒⇒節分の折り紙折り方まとめ!子供も簡単豆入れ箱や鬼飾りを手作り

 


ピックアップ関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ