折り紙で立体的な桜の折り方!簡単切らない器や箸置きになる作り方

 

こんにちは、折り紙処のセツです。

 

今回は春の花の中でも定番な
桜の花を折っていきたいと思います。

 

春の折り紙まとめの中でも
いくつか紹介しましたけど

そのあたりの折り方とまた微妙に異なる折り方で
器や箸置きなどにもなりそうな

そういった立体的な桜の折り方になります。

20160128-27

簡単ではありますが
慣れていないと少しばかり
あ、こういう折り方なんだッ

と感じたりする部分あるかもです。


「Sponsored link」

では、早速折り紙の
立体的な桜の折り方について
みていきたいと思います。

 

折り紙で立体的な桜の折り方!簡単切らない器や箸置きになる作り方

「1」
最初に図のように半分に折り

20160128-01

 

開いて上下を中心線に向けて折ります。

20160128-02


「2」
次に線の箇所で折って

20160128-03

 

折り目をつけていきます。

20160128-04


「3」
次に開いて

線の箇所で図のように折って

20160128-05

20160128-06

 

線の箇所で右に潰し折りします。

20160128-07

20160128-08


「4」
次に線の箇所で裏に折って

20160128-09

20160128-10

 

更に線の箇所で
全部内側に向けて折ります。

20160128-11

20160128-12


「5」
そして縦に半分に折って
図のような形にして

20160128-13

 

線の箇所で折り

20160128-14

20160128-15

 

更に線の箇所で手前に折ります。

20160128-16

20160128-17


「7」
次に線の箇所あたりで折って

20160128-18

20160128-19

 

中割折りします。

20160128-20

 

この状態で広げると
こんなパーツが出来上がります。

20160128-21

これを合わせて5枚用意しましょう。


「8」
はい、こんな感じに5つのパーツが出来ましたら

20160128-22

 

こういうイメージで繋げていきますが

20160128-23

 

右パーツのの○で囲んだ中に
左パーツの○で囲んだ先端を入れていきます。

20160128-24

20160128-25

20160128-26


「9」
はい、あとは残りのパーツも
同じように差し込んでいけば・・・

 

はい、立体的で切らないで器になる
桜飾りの完成となります。

20160128-27

 

最後の差し込み部分は
少々コツが必要ですが

少しずつ差し込んでいけば問題ないです。

 

1/4サイズで折っていくと手のひらサイズで
なかなかいい感じなサイズで

飴玉入れとかに使えそう。

更に小さいサイズの折り紙で折れば
箸置きなどにもなるでしょう。

 

和風の千代紙などで折ればそれだけで
風情を感じさせる春の花飾りにもなりますし

なかなかおすすめな折り紙です。


「Sponsored link」

今回のまとめ

はい、今回は折り紙での立体的な桜の折り方で
切らないで器にもなる簡単な作り方について
紹介していきました。

 

立体的な桜で似たような折り方ありましたが
こっちの折り方の方が見た目若干
きれいに見えるかもしれないです。

のりを必要とせず差し込んでいくだけで
出来上がるのはなかなか良いポイントかなと
思います。

 

どうぞ春先の折り紙飾りとして
チャレンジしてみてください。

ではでは、今回の立体的な桜の折り方については
以上になります。

 

また次回によろしくお願いします。


「Sponsored link」

引き続き他の春の折り紙記事も
どうぞご覧になっていってください。

⇒⇒⇒春の折り紙の折り方まとめ!3月4月5月の飾りつけはこちら!

 


コメントを残す

サブコンテンツ